上手く剃れない右脇!脇脱毛が安い脱毛サロンを求めてin梅田

体毛処理は、特に女性には欠かせないものです。
厚着で腕や脚が隠れる季節も、やっぱり手入れせずにはいられません。
腕まくりしたり、裾から脚が見えたり……ムダ毛がボーボーというのは、恥ずかしいですから。
そして、外から見えないハズの脇も、やっぱりお手入れが必須です。
チクチクする、万が一見られたら恥ずかしいなど、理由は複数ありますが。
何より自分自身が、脇毛の生えた自分に耐えられません。

という訳で、毎日入浴の際に、腕や脚、そして脇や指毛の処理をしています。
使うのは、もっぱらT字型のカミソリ。
あまりコダワリは無い為、ドラッグストアで4本入り数百円の商品を購入しています。
そして身体を洗いながら、泡立てたボディソープをクリーム代わりにして、優しく剃ります。
腕と脚から始まり、指毛や脇まで。
二枚刃で剃り心地は良いのですが、横滑りで皮膚を傷つけないように注意します。
やり方は自己流で、カミソリを上から下へ向けて、一定の方角で動かします。
そのほうが、皮膚への負担が少ない気がして……気のせいかもしれないですが。
そして脚裏のふくらはぎや、肘のあたりなど、剃り残りが多いので注意します。
意外と死角の体毛は、残りがちですから……。

そしてネックなのが、肝心の脇です。
それも左ではなく、右の脇だけ。
利き手の問題なのか、私はどうも右脇だけ、剃り残しがあることが多いです。
毎回そのつもりで、気をつけているにも関わらず。
左の脇は剃り易いし、剃り残しもありません。

しかし右は近すぎて、なんとも窮屈な姿勢で剃っています。
またよく見えず、念入りに剃っても、乳房寄りの場所に、僅かな毛が……。
数ミリとは言え、嫌なものですし、触るとショリショリした手触りが不快です。
まるで、イガグリ頭を触ってでもいるように……。
両手利きなら、もっと抜かりなく剃れたのかな、とも思います。
いつも、気をつけているのに。
ともあれ出た後は、ボディ用乳液をたっぷりと着けて、保湿に努めます。

こんなことが毎日ってなると本当に嫌になってきます。職場のある梅田には安い脱毛サロンもあるみたいだし、そろそろ脱毛に行こうかな・・・。↓↓↓↓

梅田で脱毛※安い人気の脱毛サロン・医療脱毛クリニックはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です